MOULIN ROUGE 十仁医学美容サロン 美容室ムーランルージュすべてはあなたの笑顏のために!

Salon Menu Staff Concept Q&A HOME

Blog スタッフブログ

紫外線のお話♪ その4(最終回)→More

2017/06/17
こんにちは。

美肌、美髪にとって怖~い紫外線の特集4回目(最終回)です。

今回は紫外線の予防対策をお話します♪

2017uv

 

紫外線のお話♪ その4(最終回)


~紫外線の予防対策~

紫外線を予防するには、もちろん紫外線に当たらないことが一番です。

しかし、生活をする上で全ての紫外線を避けることは不可能といえるでしょう。
食事やサプリメント等でビタミンCを摂取し、紫外線に当たった後の対策をする
と同時に日焼け止め化粧品や日傘、帽子等を活用して根本的に肌に紫外線
が当たらないようにする対策をとることが大切です。

また、室内にいてもガラス越しに紫外線は通過します。先程も述べましたが、
ガラス越しの対策には下記が有効です。

※ブラインドやレースカーテンをする。
これだけで劇的に紫外線をカットできます。


※窓ガラスを紫外線カット機能のあるものにする。

※UVカットフィルムを貼る。ホームセンターなどで販売されています。

※机やテーブル、ソファーなどを窓から離れた位置にする。

紫外線照射に対する防御として、人間の体は茶色の色素のメラニンを分泌し、
日焼けすることにより、紫外線の平均レベル(人種により異なる)を下げようとします。

この色素は紫外線の侵入を阻害し、より深い部分の皮膚組織へのダメージを
減らします。

 

日焼け止め化粧品…

日焼け止め化粧品には、
UV-Aを吸収してしまうA波吸収剤のt-ブチルメトキシジベンゾイルメタンや
B波吸収剤のメトキシケイヒ酸オクチル等を使ったものがあります。
これは、紫外線のエネルギーを吸収して熱に化学変化させて放出するものです。
また、酸化亜鉛や酸化チタンといった金属の微粒子化合物の粉末を肌に塗る
ことによって紫外線を肌の上で散乱・反射させるタイプもあります。

その他に日焼け止め化粧品の耐水性や皮脂対策、乾燥やつっぱり感などの
使用感の向上を計るためにスキンケア成分や美白成分などが使われています。
日焼け止めは、これらの特性を単独でもしくは組み合わせて紫外線をカットし、
肌を紫外線から守っているのです。

また、市販の日焼け止めローション、クリームも紫外線の侵入を防ぎます。

これらの製品では、
「SPF値」「PA」と呼ばれる紫外線防御効果が記載されています。

 

日焼け止めのメカニズム…

日焼け止め化粧品を購入する時に、SPFとかPAという言葉を目にする
のではないでしょうか?

これらは、いずれも紫外線防止効果の指標です。

SPFとは…

SPF値はSun Protection Factorの略で主に日焼けの原因であるUVBの
遮断率を表しています。

SPF25の場合は、無対策の場合と比較して紫外線が1/25になり、
SPF100は1/100になる。数値が高いほど、効果が高いとみなされる。

ただし、塗布量や化粧くずれ等で効果が低下する。

SPFの後に記載されている数字「1」に対して、時間で換算すると「20分」
とされています。

ちなみに…

SPFというのは酸化チタンという成分が含まれていてSPF50のような数値の
高いものを使うと酸化チタンに反応して肌荒れを起こす場合があるので注意
が必要です。

日中の間に汗や皮脂で落ちてしまうことを考えると数値の低いものをこまめに
塗りなおすほうが実は効果的なんです!!

日常使用するものであれば、SPF15~20もので十分です。

PA
とは…


PAはProtection of UVAの略で、UVAの遮断に対する効果を表しています。

PAは+(効果がある)、++(かなり効果がある)、+++(非常に効果がある)の
3段階で表記されます。
PAがSPFと異なり、数値で表記されないのは、UVAのブロック率を評価する
良い分析法が存在しないためです。

なお、日常生活で浴びる紫外線はSPF15やPA+で十分です。

さて、ブログで紫外線のお話を4回、書かせていただきました。

参考になったでしょうか?

紫外線の予備知識をしっかり付けて、予防とアフターケアを忘れず
に楽しい夏をお過ごし下さいネ(^^)v

 

2017.6.17

 

紫外線のお話♪ その3→More

2017/06/07
こんにちは。

美肌、美髪にとって怖~い紫外線の特集3回目です。

今回は紫外線が私たちにどんな影響を与えるのかをお話します♪

201767
 

紫外線のお話♪ その3



紫外線が与える影響は…


◆毛髪に与える影響

退色…
紫外線は毛髪内部にあるメラニン(毛髪を黒くしている色素)までも

分解してしまいます。これが退色といわれ赤茶っぽく、まさに焼けた
ような色になってしまい、せっかくのカラーも長持ちしません。

枝毛・切れ毛…
毛髪は主にタンパク質でできています。

タンパク質というのは、アミノ酸のシスティン結合により構成されて
いますが、紫外線を受けることにより結合が分解されてしまいます。
その結果、毛髪のキューティクルがはがれて内部が乾燥しダメージ
の大きな原因となります。

◆頭皮に与える影響

頭皮に関しても肌と同じように紫外線を浴びることで日焼けをします。
頭皮は毛髪である程度保護されているため、顔や腕よりは紫外線の
影響は少ないものの、そのダメージは蓄積されています。
そのため毛母細胞の機能が低下し細くて産毛のようになるなど新たに
生まれてくる毛髪にも影響を与えます。
また、頭皮の乾燥や炎症を起こし、抜け毛や薄毛の原因にもなります。

◆健康への影響

人間が、太陽の紫外線に長時間さらされると、皮膚、目、免疫系へ
急性もしくは慢性の疾患を引き起こす可能性があります。
大気で除去されるUVCは、過去ほとんど注意が払われていなかったが、
高エネルギーであるため、UVAやUVBよりはるかに危険であります。

◆皮膚への影響

UVA,UVB,UVCは皮膚を形成するコラーゲンの繊維にダメージを与え、
皮膚の加齢を加速します。
一般に、UVAは危険性が一番小さいが、皮膚の加齢、DNAへのダメージ、
皮膚がんの可能性等に影響を及ぼします。
UVAは、日焼けを引き起こすことはないが、UVBより深く皮膚の中に浸透し、
SPFテストで測定することができません。

UVBは、皮膚がんを引き起こします。生物のDNAは吸収スペクトルが
250nm近辺に存在しており、紫外線が照射されると、皮膚等の細胞中の
DNAを構成する分子は励起されます。DNA配列の混乱、複製の中断、
ギャップの生成、複製のミスを発生させます。
これは、がん等の突然変異を引き起こします。 紫外線による突然変異は、
バクテリアにおいて簡単に観察されることができます。
これは、地球環境問題でオゾンホールやオゾン層の破壊が懸念される
理由の1つであります。

紫外線照射に対する防御として、人間の体は茶色の色素のメラニンを分泌し、
日焼けすることにより、紫外線の平均レベル(人種により異なる)を下げようと
します。この色素は紫外線の侵入を阻害し、より深い部分の皮膚組織への
ダメージを減らします。

◆目への影響

強度の強いUVBは目に対して危険で、紫外眼炎(電気性眼炎)や、白内障、
翼状片と瞼裂斑形成になる可能性があります。

今回は参考になりましたか?

次回は「紫外線の対策予防」を書きますね!

「紫外線のお話♪その4」をお楽しみに(^^)v

 

久しぶりのディズニーランド!→More

2017/06/01
こんにちは。石濵です!

久しぶりにディズニーランドに行ってきました\( ˆoˆ )/

今回はモンスターズインクの「ブー」のマネをしていきました!

小さい子の役なので

この歳でやるのもキツかったですが

がんばりました笑

20175_1

モンスターズインクのアトラクションに乗った際に


キャストさんに「ブーちゃんこんなに大きくなって泣」

と声をかけられて嬉しかったです!

キャストさんの対応も素敵ですね!

イースター限定のパレードで一緒になって踊って

楽しかったです!

キャラクターがかわいくて

たくさん写真撮ってしまいました!

20175_2

20175_3


その時に見つけたダンスが


すごいキャストさんが

私たちのことを覚えていてくれて

アトラクションに乗った際、

声をかけられてびっくりしました!

ディズニーのキャストさんは本当にすごいですね!

せっかくなのでモンスターズインクの壁でも

写真を撮ってきました!

20175_4

楽しい1日がすごせました♡


 

紫外線のお話♪ その2→More

2017/05/30
みなさん、こんにちは!

今回も美肌、美髪にとって怖~い紫外線の特集をお届けします!

梅雨になっても油断はできませんよ(^^)v

kumo
 

紫外線のお話♪ その2


前回(その1)では紫外線(UV)についてお話をしました。

今回はみなさんからの質問が多かった、疑問点にお応えします♪

 

くもりや雨の時、紫外線はありますか?

紫外線は快晴の時に比べると、うす曇りの場合は約80~90%、
くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%の量になります。

しかし、雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が
加わるため快晴の時よりも多い紫外線が観測されることがあります!

前回(その1)で述べたように、紫外線にはUV-AとUV-Bの
2種類があります。

UV-Bは強いエネルギーでやけどみたいなヒリヒリ日焼けの原因と
なる紫外線ですが、雲や窓ガラスでほぼ遮ることができます。

UV-Aはお肌にすぐに影響を与えることはないが、影響が少なく
見えて実はジワジワと肌の奥深くへ、数日後肌を黒くしたりします。

このUV-Aは雲や窓ガラスも通り抜けやすく、雲を通過して
降り注ぎます。

最も晴れの日とあまり変わらないです。

 

窓ガラスも紫外線は通過しますか?

室内でも窓際だと外の約8割くらいの紫外線のUV-Aを
浴びているそうですよ。

UV-A(紫外線A波)は窓ガラスを通過します。

UV-Aは波長が長いため窓ガラスを通過する性質をもち、
室内にいても窓ガラスを通り抜けて紫外線を浴びている
ことがあります。

窓ガラスの品質によって違いがありますが、
紫外線通過率一枚ガラスで20~50%程度、
複層ガラスで10~20%程度だといわれます。

波長が長いUV-Aは、皮膚の深い部分(真皮層)にまで
届いて、コラーゲンやエラスチンなどの組織やそれらを作り出す
線維芽細胞に直接ダメージを与えます。

そして、真皮層のコラーゲンなどが変性、減少し、ハリや弾力を
失わせてシワやたるみなどの肌老化を引き起こします。

UV-AはUV-Bよりも波長が長く、エネルギーが弱いため、UV-Bと
比較すると皮膚に強い影響は及ぼしません。

ただし、長期的に浴び続けるとゆるやかに肌細胞やコラーゲン
などを劣化させて肌老化を進行させます。

日当たりが良い部屋で生活している人は、窓ガラスを通過する
UV-Aによってシワやたるみが進行している可能性があります。

UV-Aは紫外線を通過することができますが、
UV-B(紫外線B波)は大半が窓ガラスに吸収されてしまい、
窓ガラスを通過しにくい性質をもちます。
それはUV-Bが波長が短い性質であるため、なんらかの障害物が
あるとエネルギーが弱くなってしまう性質であるためです。

波長が短いUV-BはUV-Aと違って皮膚の深いところ(真皮層)に
までは届きません。

ただし、UV-Bは波長が短くてエネルギーが強いため、表皮に
対して強いダメージを与え、「サンバーン」といわれる皮膚の炎症を
起こすような日焼けを引き起こす原因となります。

海水浴などに行った後に皮膚がヒリヒリする原因は、UV-Bによる
影響が大きな原因だといわれます。

 

2017win


ガラス越しの紫外線を浴びないためには?


※ブラインドやレースカーテンをする。
これだけで劇的に紫外線をカットできます。

※窓ガラスを紫外線カット機能のあるものにする。

※UVカットフィルムを貼る。
ホームセンターなどで販売されています。

※机やテーブル、ソファーなどを窓から離れた位置にする。

 

自動車の窓ガラスでは紫外線は大丈夫ですか?

近年の自動車の窓ガラス(フロントガラス)は90~99%UVカットされて
いるガラスが使用されています。
メーカーや車種によって異なりますが、一般にフロントガラスは99%
紫外線カット、サイドや後部ガラスには90%UVカットなどのガラスが
使用されます。

フロントガラスは2枚のガラスの間に紫外線カット効果がある特殊な
膜を挟んだ合わせガラスが使用され、紫外線99%カットを実現します。

ドアガラス(サイドガラス)やリアガラス(後部ガラス)は一般的に
強化ガラスが使用され、紫外線90%カットを実現します。

フロントガラスとサイドガラスやリアガラスは違うタイプのガラスが
使用され、この違いが紫外線遮断効果が若干異なる理由です。

古い自動車であれば紫外線カット機能がないフロントガラスが
使用されていたりします。

近年の自動車は、紫外線を遮断するガラスが
使用されているので安心です。

 

補足ですが…

太陽光線は上から降り注ぐだけでなく下からの照り返しにも気を
つけなければいけません

特に水面や乾燥した砂の上、つまり海や砂浜は注意が必要です!!

髪が濡れた状態では紫外線の影響を受けやすく、海水で濡れた
場合はダメージが大きくなります。

反 射 面   反 射 率
芝  生       1~   2%
コンクリート   5~    6%
乾燥した砂  15~ 20%
水   面       10~100%

今回は参考になりましたか?

くもりや室内にいても油断をしてはいけませんよ!

次回は紫外線が与える影響を書きますね!

「紫外線のお話♪その3」をお楽しみに(^^)v

 

紫外線のお話♪ その1→More

2017/05/27
みなさん、こんにちは!

美肌、美髪にとって怖~い紫外線が強い季節になりましたね♪

でも、正しい知識があれば決して、紫外線は怖くはありません!

ホームページのQ&Aをご覧の方はご存知かと思いますが…

ムーランルージュにも質問がたくさん来ていますので、

今回から紫外線の特集ブログを書きます!

よろしくお願いします(^^)v

uv2017

 

紫外線のお話♪ その1


気象庁のデータから1年のうち紫外線量は5月~8月にかけて
ピークになります!
また、1日のうち10:00~14:00は紫外線が強い時間帯と
言われています。
「暑くないからまだ、大丈夫」と油断せずに、今からのUVケアが
とても大切です!

紫外線(UV)とは…

紫外線を英語でUltraviolet(ウルトラバイオレット)と表記される為、
UVと略されています。太陽光の中には、紫外線が含まれています。
紫外線は波長によってUV-A波、UV-B波、UV-C波の3つに分けられ、
このうちのUV-C波はオゾン層によって遮られているため地上には
届きません。

一般的に「紫外線(UV)」と呼ばれているのは、
UV-A波とUV-B波のことを意味します。

UV-A (波長315nm-380nm) A波

一番多く地表に到着する(太陽紫外線の90%)
※太陽が最も高くなる5月から多くなる(冬でも50%はある)
最も少ない冬の時期においても、UV-Aは2分の1にしかならず、
年間を通して紫外線対策をする必要があるようです。

UVAは、日焼けを引き起こすことはないが、UVBより深く皮膚の
中に浸透し、SPFテストで測定することができない。
※窓ガラスなどを突き抜ける

影響は・・・一般に、UVAは危険性が一番小さいが、皮膚の加齢、
DNAへのダメージ、皮膚がんの可能性等に影響を及ぼす。
皮膚の真皮層に作用し蛋白質を変性させる。タンパク質の変性
(酸化)細胞の物質交代の進行に関係しており、細胞の機能を
活性化させる。メラニン色素を酸化させて褐色に変化させる。
シミ・シワ原因 ヘアカラーの退色 パーマウェーブの破壊

UV-B (波長280nm-315nm)B波 

一部が地表に届く 
※オゾン量が最も減る8月頃に最も多くなる。
※表面をたたく、表面を反射する。

影響は・・・表皮層に作用するが、色素細胞がメラニンを生成し
防御反応を取る。これがいわゆる日焼けである。
また UV-B は発癌性が一番に指摘されるが発癌するのは高齢者、
しかも肌の露出した部分というケースが多い。
キューティクルを剥がす→コルティクスは流出する
髪がパサパサになる
※表面をたたく、表面を反射する。

UV-C (波長200nm-280nm)

オゾン層で守られている地表には今のところ到達しない。
強い殺菌作用があり、生体に対する破壊性が最も強い。

 

みなさん紫外線の事が分かりましたか?

続きは「紫外線のお話♪その2」をお楽しみに(^^)v